まとめローンと長く付き合うことを考える

複数のキャッシング会社からお金を借りてしまってこれからまとめローンの利用を検討されている方は、何を比較してその中から1つを選びますか?
おそらく金利が一番目に付くと思います。
低金利であればあるほど、その後の返済は楽になりますからね。
また、銀行と消費者金融どちらも最近では積極的にまとめローンを取り扱っているのが見受けられます。
どの会社の金融商品を選ぶべきか少し考える必要がありますね。


まとめローンは取引手数料が重要

複数のキャッシングをまとめて1つにするわけですから、まとめローンはそれなりに高額の借り入れになることがわかります。
それをゆっくりと返していくわけですから長い付き合いになります。
ということは、入金する回数も多いというわけです。
そこで比較の際に見て欲しいのは、提携ATMなどの手数料です。
利便性を考えるとATMから入金をするのはとても使い勝手が良いので、その手数料が無料のキャッシング会社を選ぶことをおすすめします。


銀行と消費者金融のまとめローンの違い

少し金融の知識がある方であれば、銀行のキャッシングは総量規制対象外のため年収の3分の1を超える借り入れでもOKという覚えがあると思います。
消費者金融は総量規制の対象なので、通常のキャッシングであればある程度制限がかかります。
しかし、まとめローンという金融商品はこの対象外となっており、消費者金融のものでも規制を超えて借り換えをすることができます。
そのため金額面では両者に違いは無く、気にせずに申し込むことができますよ。

いろいろな金融会社のまとめローン

一口にまとめローンと言っても、そのサービスを行っている金融会社は多岐に渡ります。
単純に、金利の良し悪しだけで選ぶのも私は構わないと思いますが、他にも比較しておきたいという方もいらっしゃると思います。
そこで、金利以外に比較できるポイントをご説明いたします。


まとめローンの審査の難易度

まとめローンをものすごく簡単に一言で表すならば、少し審査の厳しい高額借入です。
そのため、しっかりと審査はあります。
いくつかある借入を1つにしてもらうわけですから、自然と数十万から数百万の借入になるでしょう。
また、一部のまとめローンは総量規制の対象外になるため、年収の3分の1以上を借入することができます。
少しでも審査に通りやすくするために、返済できそうな借入は先に済ませて、相手に誠実な印象を与えられるように努めましょう。


借入する前に返済することを考えよう

まとめて1つにすることで表面的な数字は、今まで借りたことのない金額になるでしょう。
それでも借りている以上は返済しなくてはなりません。
金利だけ見るのではなく、返済方法や方式もしっかりと確認しておくことが大切になると思います。
そうすれば、返済の仕組みを事前に把握することができ、表面上の金利が低いだけの悪い金融会社の被害に遭う可能性もぐっと減るでしょう。
あなたの返済が計画通りに終わることをあなたの周りの人はきっと、願っています。

比較して見るまとめローンの金利

通常の借入の時でも、同じように金融会社を何社も比較したと思います。
まとめローンにおいても、比較するポイントはいくつかあるのですが、一番気になるのは金利だと思います。
そこで、その金利についてのご説明をいたします。


まとめローン最大のポイントは金利

なんといっても、まとめローン最大の特徴、ポイント、メリットはその低金利にあると言えます。
複数の借入をまとめて1つに管理できるようになることも1つの強みですが、おそらくは金利を気にしている方がほとんどだと思われます。
銀行から消費者金融まで、まとめローンを行っている金融会社は数多くありますが、なかでも低金利を売りにしているのが銀行です。
通常と同じように審査は厳しいですが、返済能力に自信があり過去に金融会社とトラブルを起こしたことのない方であればもっとも得できるまとめローンといえます。


一部の銀行や消費者金融は気をつけなければならない

しかし、金融会社がそもそも高い金利にしている。
あるいは、なかには表面上の金利を低く見せているだけの会社もあります。
その最たる例が「残高スライドリボルビング方式」です。
端的に言うと、借入額に減るのに比例して返済額も減るという仕組みですが、返済額が減っていくということは返済回数が増えるということです。
返済回数が増えるということは、払う必要のなかった利息を払うことになるので、この方式には要注意です!

まとめローンにも審査はあるの?

あります。
一般的に、まとめローンの審査は他の借入と比較して厳しいと言われています。
また、傾向として消費者金融のまとめローンは、審査が甘く、金利が高い。
それに対して銀行のまとめローンは、審査が厳しく、金利が低いです。
ではどうして審査が厳しくなるのかをご説明いたします。


単純に借入件数が多い

まとめローンを利用される方の多くは、いくつもの会社から借入を利用されていると思います。
そのため借入の件数が増えます。
返済が終わっている場合は、返済の延滞やトラブルがなかったかどうかをチェックされるでしょう。
しかし、終わっていない場合が問題で、たとえ合計額が少なくとも怪しまれます。
むしろ、合計額が少ないのに借入を利用している件数が多いということは、1つ1つの金融会社からの信用が薄いということになるのです。
借入を利用している会社が2社で合計額が150万のAさんと、会社が4社で合計額が40万のBさんでは、Aさんのほうが審査に通りやすいのです。


どうすればまとめローンを利用できるのか

Bさんのような状況で審査に通るのは難しいでしょう。
利用している会社を減らす、あるいは債務整理などの法的手続きをとることも視野にいれなければなりません。
自暴自棄になって、そのような条件でまとめローンを組んでくれる金融会社は危険なので気をつけましょう。

まとめローンの良い点と悪い点

借入が何件か増えてしまって管理が大変になり首が回らないという方はいらっしゃると思います。
それでも、自己破産や債務整理などの法的手続きを取るのは抵抗感がありますよね。
世間的なものもありますし、なにより勤続先に与える印象は悪いものでしょう。
であれば、利用したことのある金融機関でまとめローンを組んでもらうほうが気持ちは楽だと思います。


まとめローンの魅力とは

冒頭でも述べたように、何件もある借入をまとめてしまうことができます。
そのため、毎月の返済が1回になって管理がしやすくなり、返済計画も立て直しやすくなるでしょう。
そして最大の魅力は、まとめることで金利が低くなることです。
今まで利息で苦い経験をしたことでしょう。
しかし、まとめローンを行っている会社は上限金利も消費者金融より低いので安心できます。


逆に難点とは?

挙げられるものとして、まとめているのに高い金利にさせられて結果的に返済が長引く、保証人を要求される、資産を担保にさせられるなど、場合によっては悪化することがあります。
そういった悪徳まとめローン会社にひっかからないためにも、比較をしてそれぞれの会社の特徴を把握しておかなければなりません。
返済計画と同じように、しっかりと吟味しましょう!